脇が臭い食事対策

MENU

脇が臭い…。そんな悩みに食事対策でアプローチ

脇が臭いかもしれないと不安なら、臭い対策として食事にも注目してみましょう。

 

西洋化した食事や外食などで、何かと偏りがちな食生活ですが、乱れた食生活は、イヤな臭いを引き起こします。脇の臭いが生じる原因として挙げられているのが、アポクリン腺という汗腺から水分以外に分泌されるタンパク質などの成分です。これらの物質は栄養素となり、臭いの原因菌の繁殖を招いてしまいます。洋食は動物性タンパク質や脂質などが多く、アポクリン腺を活発化させるのです。さらに、食物繊維が少なく、消化もしにくい洋食によって、便秘に悩まされている人もいます。便通が悪くなれば、腐敗物が腸内にたまります。腐敗物の発するガスは血液に乗って体内を巡り、体臭となって放出されてしまいます。

 

臭いにくい体をつくるのに最適なのが、昔ながらの和食です。和食に主に使われるのは、野菜や魚です。また、出汁をいかして調理されるため、塩分も抑えられるなど、メリットがたくさんあります。オススメは食物繊維の多い野菜です。ごぼうは野菜の中でも食物繊維の含有量が多く、積極的に食べていきたい食材です。ほかにもブロッコリーやカボチャ、ほうれんそうといった緑黄色野菜も食物繊維の摂取に適しています。また、緑黄色野菜には抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eなどが含まれています。臭わない体づくりのためには、体臭を引き起こす酸化は厳禁です。体内の酸化につながる活性酸素の活発化を阻害するビタミンも、食物繊維とあわせて摂取しましょう。

 

普段の生活を改善すれば、脇の臭いだけでなく、健康にもつながります。すこやかな暮らしのためにも、食生活を見直してみませんか。